アンチエイジング化粧品 敏感肌

アンチエイジングの化粧品で

敏感肌用として人気なのは、なんといっても

ポーラオルビスのディセンシア「アヤナス」ですね~

ディセンシア「アヤナス」

きちんと効果を求めるのなら、けっこう値段がはるものを百貨店の一階のブランドコーナーに行かないと難しいんだけど・・・アヤナスの値段!

そうアヤナスはコストパフォーマンス高すぎですね~w

敏感肌用って効果が弱そうなんですが、アヤナスは、そこはさすがのポーラオルビス。

美しくなれないのならコスメじゃない!というスタンスは敏感肌用でも同じです。

実際のところ、エイジングケアは簡単じゃないみたいですね。

徹底的にやるのなら美容クリニックで痛い思いしてレーザー当てるか。

まあこういうの↓もありますけどねw

トリア・スキン エイジングケアレーザー
(当ててみたことあるけど、ちょっとシミっ!てなります。痛くはないですよw)

角質ふき取り化粧水

最近、角質ふき取り化粧水が各社とも押し出してきているよね。

たとえば・・・

キレイを磨くルナメアスキンケア
ルナメアの角質拭き取り美容液“ブライトナー”の機能には定評があります!

フィトリフトのラインナップにも

「マイルドクリアローション」という角質ふき取り化粧水があります。

で、公式の販売サイトでも書いていると思うけど

フィトリフトのラインナップで、美容の専門家たちにいちばん評価がよかったのが

この「マイルドクリアローション」という角質ふき取り化粧水

植物由来の「ヨクイニンエキス」が古い角質をほぐして、「クロヤナギ樹皮エキス」が

そこで浮き上がった角質を除去してくれるとか。

で、こういう機能は「角質ふき取り化粧水」なんだから

とうぜん頑張ってやってもらわなきゃ困るんだけどw

フィトリフトのラインナップには、これに加えて

自慢のフィト発酵エキスがもれなく含まれている。

フィト発酵エキスのパワーって、どんなん?

すごいですよぉ~。
(うふふ~って感じですw)

軽くさらっとw

保湿力は「ヒアルロン酸の6倍」ですが、何かw

植物性プラセンタ

検索エンジンを見ていると

けっこう「植物性プラセンタ」というキーワードで検索してくる人が多い。

で、植物性プラセンタ。

これって何?

そもそもプラセンタは哺乳類の胎盤のことを言う。

哺乳類?

そう、プラセンタは動物由来のもの。(特に豚が多く使われる)

植物性プラセンタ、というもの自体が存在し得ない・・・。

(ただし、プラセンタと同じような機能を持つ成分がアセロラなどの胚から

見つかっているらしく、それを称して植物性プラセンタといったりする場合も・・・)

まあ、それはどうでもいい。

なぜ「植物性プラセンタ」を検索する人がいるのか。

裏読みすれば、要するに

「プラセンタ(動物由来)が効くんだけど、アレルギーとか食物汚染が恐い・・・。

植物性のプラセンタってないのかしら?植物性のコスメって

たしかに肌にはやさしいけど、効きが弱い・・・」

ってことじゃないでしょうか。

「そういうコスメって、どこかにないのかしら?」

というお悩みですね。

で、結論から言うと、あるんです。 ( ´∀`)bグッ

キョーリョクなw 成分が入ったヤツ。

植物性のくせに・・・w

保湿能力はヒアルロン酸の6倍。

ハリ再生能力はプラセンタの2倍。

お肌の弾力アップ能力はコラーゲンの3倍。

ターンオーバー促進機能。

繰り返します。

植物性のくせに・・・w

http://xn--n8jdm3xy53kxn7bhpv.biz

アンチエイジング化粧品

昨今、アンチエイジング化粧品と名のつく美容アイテムは

本当にたくさんの種類が売られていますよね・・・。

 

なぜアンチエイジング対策が必要か?と考えてみると・・・

 

そう、若い時にはダメージを受けた肌も、どんどん新陳代謝で新しく生まれ変わってくれた。

年齢が進むとその何とかしてくれた内からのパワーが小さくなっちゃっているってことですね。

 

ターンオーバーのスピードが遅くなってくるんです。

 

で、小さくっていうか、もう大っきくはならないw

っていうか、なくなる一方・・・。

 

であるとすれば、何かしら上から厚塗したって、その場しのぎ、

明日になれば、どうしようもないってことですね。

 

このブログではJコンテンツから発売されている「フィトリフト(PHYTOLIFT)」について紹介していくんですが

その点、とにかく内側からお肌を変えていく、しっかりとした力(機能)をもった化粧品なんです。

 

フィトリフトの中に含まれているオリジナル成分「フィト発酵エキス」は

お肌の内側にある成長因子を活性化させて、内側から美肌化を促進できる機能を持っているんですね。

 

フィトリフトのホームページにぜひ行ってみて欲しいんですが

美容皮膚科の女医さんが語っているんですが、最新のエステなどでも同じ発想を持っていて

施術の中で成長因子を活性化させる作業をするんだそうですが

このやり方としては、レーザーを使ったりして、ちょっと細胞を傷つけて

その反動で成長因子を増やして活性化させるという手法が主流となっているとのこと。

 

この女医さんいわく、「美しくなることは痛い」んだそうです。

 

レベルは違うかもしれませんが、成長因子をしっかり活性化できて

しかも植物性で敏感肌にもやさしい、となると、やっぱりフィトリフトは

“画期的”な美容アイテムということができるんじゃないでしょうか。

 

 

[アンチエイジング化粧品] ブログ村キーワード