線維芽細胞


線維芽細胞とは、フィトリフトのお試しセットに入っていたパンフレットに書いてあったもの。→ フィトリフト

要するに「美肌」の元をつくる細胞。

wikiによれば

線維芽細胞(せんいがさいぼう、英: fibroblast)は、結合組織を構成する細胞の1つ。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す。核小体が明瞭な楕円形の核を有し、細胞質は塩基好性を示す。

と、難しい orz

で、「真皮」とは?

やはりwikiでは

真皮(英: Dermis)とは表皮と皮下組織の間の乳頭層と真皮網状層から構成される皮膚の層で、繊維性結合組織から構成される。真皮の約70%をコラーゲンで占め、他に弾性線維(エラスチン)、細胞外マトリックス(以前は基質と呼ばれていた)、ヒアルロン酸といった線維から構成される。

これら線維が古くなり弾力を失うことが皺の最大の原因である。

真皮という皮膚の層が弾力を失うと、肌のハリが無くなってシワになるってことだね。

この真皮の主要成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出すのが「線維芽細胞」。

で、この「線維芽細胞」を生み出す力が、フィトリフトに入っているフィト発酵エキスは

プラセンタの2倍のちからがあるのだとか。

植物性なのに・・・ツ(゚д゚)ヨ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。